Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Amazonで本を2冊買った。わくわく。
Read More!
スポンサーサイト
BooksLife

 去年、俺が読んだ本の中で一番面白かったと思う本は、人からすすめられて読んだ「最終兵器彼女」だったんだけど、俺に一番影響を与えたのはひろゆきの本だったな。

Read More!
物理新書が倒せない
 仙台ジャズフェスティバルのDay2に出向いたときに、ここで書評を書くつもりで衝動買いしてしまった新書があるのだが・・・

 何回読んでも何回読んでも(以下略 笑
Read More!
書評:スーパーコンピューターを20万円で創る
 小飼弾の書評からセレクトした本の中で最後に読み終えた、伊藤智義氏による「スーパーコンピューターを20万円で創る」(集英社新書)の書評を書いてみようと思う。
 この本を読むキッカケとなったのは小飼弾の書評の最初の文。

 買え!今すぐ!
 この最高のドラマを、読みのがすべからず。


 それなりに名前が売れている本ではあったが、そんなに面白いのかと強い期待を抱きながら読んだが、そこまで感動しなかったというのが素直な感想である。期待しすぎたかもしれない。
 それでも、本書は俺にとても大事なことを植えつけた。

 前から抱いていた研究職への憧れがいっそう強くなった。

Read More!

Theme:書評 - Genre:本・雑誌

書評:あなたはコンピュータを理解していますか?
 小飼弾が、自身のブログ(404 Blog Not Found)で、この本の書評を書いている。もともとこの書評をキッカケにこの本を読むことになったのだが、そのなかに、この本についてこんなことが書いてある。

 あなたのご両親でも子供でもカレカノでも誰でもいい。コンピューターのしくみをまだ知らない人に、本書よりも簡単に説明してみればいい。まず無理だから。

 コンピューターのしくみを知らない人にはもちろん、知っているつもりの人にも、本当に知っている人にも読んで欲しい一冊。知らない人は知るために、知っているつもりの人は「つもり」をなくすため、そして本当に知っている人は知らない人に説明するというのはどういうことかを知ってもらうために。

 梅津信幸氏による「あなたはコンピュータを理解していますか?」(サイエンス・アイ新書)をとても楽しみながら読ませてもらったので感想を書いてみる。
 俺からもひとこと言わせてもらうと

 本書はコンピュータに詳しいと自負する中高生が、C言語の分厚い本なんかよりも先に読むべき本だと思う。

 「コンピュータの遊び部分は網羅したし、そろそろプログラミングなんてやってみるか。どうせ本に書いてあること覚えれば簡単にできんだろ。」
 こんな人、必読。

Read More!

Theme:コンピュータに関する書籍 - Genre:コンピュータ

書評:未来を予測する技術
 小飼弾が、自身のブログ(404 Blog Not Found)で

 本書はこの一年で出た本のうち私が読んだ中で、最も多くの人に読んで欲しい本ベスト1なのだから。

 と公言した本、佐藤哲也氏による「未来を予測する技術」(ソフトバンク新書)をなんとか読み終えたので感想を書いてみる。
Read More!

Theme:書評 - Genre:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。