Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコニコ考 ニコニコは音楽生活の鍵
 たいてい、ニコニコ動画を非難する者は「ニコニコは著作権侵害の温床だ。人の作ったもので金を稼いでいて気に入らない。」と主張するが、俺はYoutubeも同じだろうと思う。少し違うのは会員制でユーザーを集約し、DeNAのモバゲーのようにガバナンスを強化しているのと、日本人向けにできていることくらいだ。
 この"少しの違い"こそが、ニコニコ動画の最大の武器だと俺は思っている。

 俺のニコニコの楽しみ方を交えながら、小飼に倣ってニコニコ考をしてみようと思う。

 まず先に言うと、俺はニコニコ動画の著作権侵害(ユーザーによる他者の著作物の無断アップロード)はあまり気にしていない。実際、俺は違法にアップされたファイルを見て面白いと思うし、ニコニコ以外でも違法にアップされたファイルをダウンロードしたことだってある。
 しかし、著作権侵害を認めるということではない。規制がされても仕方ないと思うし、反対もしない。ニコニコ動画から著作者に無断でアップされているファイルが消えても俺はあまり気にしない。だから、著作権侵害の問題についてはどーでもいいや的な感覚がある。著作者も一律に「著作物の完全な保護をしてくれ」と考えているわけではない。「宣伝になっていい」と思っている著作者もいるだろう。ふつう、著作物の著作者はひとりではないから、ひとつの著作物に関する方向というのは簡単には決められないが。

 しかし、現在JASRACとニコニコ動画で「著作物(JASRACが著作権を管理しているもの)の演奏については著作権侵害から除外、つまりアップロードを認める」という案の話し合いがされているらしい。これが実現すれば、俺がよく楽しませてもらっている"演奏してみた"、"歌ってみた"のカテゴリに属する動画のような提供側が演奏した音源のアップに文句がつけられなくなる。こうなれば、俺は完全にニコニコ動画の抱える著作権侵害による問題には興味を失う。アニメでもMADでも勝手に削除されてしまえと思う。

 では、なぜ俺はこんなに演奏してみた"と"歌ってみた"のカテゴリの動画に固執するのだろうか。
 それは、これらこそがニコニコ動画の本質だと思うからだ。

 俺は、ニコニコ動画はWeb2.0だと昔から強く言ってきた。しかし、誰もニコニコはWeb2.0だと発言する人はいない。これは西村博之の著書にもあるようにWeb2.0という言葉が非常に曖昧な言葉であるため、受け手の勝手な解釈で定義がされてしまうものだからだと考える。
 俺が思うところのWeb2.0は「一般人の主張」というもので、インターネットが存在しない世界で影響力をもたない普通の人が、能力を世間に認めさせるコンテンツのことである。現実で力を認めてもらえない人間がインターネットを通して評価を受けるという新しい道を指すと俺は考えている。
 しかし、あるところでは"Web2.0風デザイン"なんていうように、Web2.0を"視覚的に見やすいサイト"という意味で使ったりしている。俺も西村博之がいうように、この言葉を本質的に理解できない。まぁとりあえず、ここで使うWeb2.0は「一般人の主張」だ。
 「一般人の主張」といってまず思い浮かぶのがブログや個人運営のウェブページだが、そんなものはインターネットが始まった頃から存在している。しかし、個人のブログやページは殆どインターネットという仮想世界でしか認められない。稀に書籍化されたりするが、それは本当に稀であって、現実で出版社から本を出すのとあまり変わらない。
 しかし、ニコニコ動画では能力さえあれば簡単にスポットライトを浴びることができる。これはインターネットという巨大な枠から"ニコニコ動画"という枠に狭め、更にコンテンツを"音楽"というものに限定して発信すれば玉石混淆から玉を探し出す、探し出されて注目されるのは、現実世界でオーディションを受けて注目を浴びるのよりは断然早い道だ。しかも、会員なら誰でもそれを見ることができ、評価ができる。リスナーに直接評価をもらえることは、音楽発信者からすれば非常に貴重な機会である。リスナーに強く支持されれば、契約を求める会社が現れ、CDデビューすることも可能だと現実に俺は思っている。
 インディーズミュージシャンが手軽に評価をもらえる、音楽が好きな人が手軽に新しい音楽を評価をできる。俺がニコニコ動画にみる最大の魅力はこれだ。音楽に限らず、提供側がなにかを創造して発信するものこそが、ニコニコの本質であると思う。

 そこを巧く利用したのがボーカロイドの「初音ミク」の登場だろう。これによって、音楽をクリエイトするデスクトップミュージシャンの能力が認められやすくなった。歌曲を評価する際、ボーカルというのは非常に重要になってくる。歌い手によって歌曲の印象が変わるため、どんなに曲の完成度が高くてもその曲に合ったボーカルに歌わせない限り、いい評価は得られない。それを誰でも自由に歌わせることができるボーカルに歌わせることで、リスナーは歌の巧さではなく、楽曲の巧さを評価するようになる。その楽曲を評価したリスナーが自分の歌をあててアップすることで、本質的な歌曲の完成に繋がる。
 この連鎖がなんとも美しい・・・笑 

 で、最近よく聴いているのが Ryo feat miku hatsune(http://rainbowlips.mond.jp/) の「メルト」という楽曲。これは、人間の声でないものが歌っているという不気味さでボーカロイドが嫌いだった俺の観点を変えてくれた楽曲である。例の美しい連鎖もここでみた。コミケでCDが売られるらしい。






 ギタープレイ動画は、純粋に見ていて楽しい。俺が「インターネットって音楽を披露する場なんだ」と気づいたきっかけが、ギタープレイ動画の発見だった。
 YoutubeでKURIKINTON-FOXという人がプレイしていた「God nkows...」という曲に多大な感動を覚えたことを今でも覚えている。後に、それが「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメの曲であることがわかって、「音楽のアニメなのかな」と思いながら原作である小説を読んだけど音楽との関連性は皆無。にもかかわらず別の要素で引き込まれて読破したものの、「God knows...」が流れるアニメは見ずにその作品に飽きたという、発端と終着が噛み合わない流れを沿った。
 そのあとも「God nkows...」のようなイカすギタープレイの曲、これもハルヒの挿入歌だが「Lost my music」を演奏するKURIKINTON-FOXの動画を見てまた感動し、その頃はニコニコ動画がまだポピュラーでなかったためYoutubeでこの2曲の曲名を検索してプレイ動画を見漁った。名の知れないギタリストが素晴らしいプレイを披露している動画を見て、自分の技量のなさに落胆した。今まで見てきたスゴウデギタリストはプロのミュージシャンで、そのプレイを見る度に「プロだから巧くて当たり前」と思っていた。ハルヒの曲を知ってからその考えは誤りだということが身にしみた。
 ニコニコ動画の活気づきによってそれはどんどん大きくなっていき、ギターのみならず歌唱の分野でも煌めくノンプロフェッショナルをいくつも見て、そのたびに感動した。
 「世の中にはプロでもないのに巧い人がゴマンといるんだなぁ」と思った。

 ニコニコ動画は、俺の音楽生活における重要な役を担っている。






最近のフェイバリット、海賊王のマイリスト。

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/112-7cc0843e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。