Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お年玉
 この年になると、「いくつになったら貰えなくなるのかな」なんてネガティブな考えが起きます笑 昔はお餅を玉にしたものを子供に与えるものだったのは有名な話。
 新しい年になったからって親戚からお金が貰えるのも変な気がしますが、貰えるに越したことはないです。

 しかし

 「貰って当たり前」とか「親が勝手に使うムカツク」なんて軽く考えるのはそろそろ止めた方がいい中高生諸君。
 普通、お年玉って親戚から頂くのが一般的ですが、その親戚って誰?貰う人とはどんな関係?

 「えっと、親父の親父」 「うーん。ママのお姉ちゃん」 「誰だっけ」

 きっと、両親のうちどちらかの親類であることが殆どでしょう。ということは、親がいなければ、親とその親類が付き合いをしていなければ、その金銭は我々の手元になかったはず。
 貰えるモノは貰っとくのが一番いいのでしょうが、やはりその頂ける経緯をしっかり考えて頂くといいかも。自分があげる立場になったときにちゃんとわかるんだろうな。

 お金は差別しちゃいけない※なんて、堀江さんが言ってたけど、やっぱり頂いたお金は大事に使いましょう。

 俺の場合、全額ギター貯金へ・・・。アコギを新調したい。カッタウェイ♪ピックアップ非搭載♪胴鳴り♪ソロギター♪


 曲描きは間に合ってくれるのだろうか。心配

Let it be...


 ※お金は差別しちゃいけない・・・たとえば、汗水垂らして働いて得た100万円と1億円預けたときの利子100万円、1000万円企業へ投資(つまりは株取引)したときの配当金100万円、300円で宝くじを買ってあてた100万円、すべては同じ価値であるということ。これが貨幣の理念。
 これは2ちゃんねるはなぜ潰れないのかで、著者である西村博之とカリスマハッカー小飼弾の対談で話された話題である。その話のなかで"脳みそも汗をかけば1,2億くらいは稼げる"というものがあった(小飼談)が、読んだとき、彼らの思考は凡人である俺とは相当離れているなと感じた。非常に面白かった。ヤツらは変だ。

 もういっかい読みたくなってきたな。確かコイツの書評は前ブログでテキトーにやったんだっけ。ふむ。

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/129-795b4712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。