Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BooksLife

 去年、俺が読んだ本の中で一番面白かったと思う本は、人からすすめられて読んだ「最終兵器彼女」だったんだけど、俺に一番影響を与えたのはひろゆきの本だったな。

・7つの習慣 ティーンズ
・最終兵器彼女
・ウェブ進化論
・2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?
・モバゲータウンが凄い理由
・未来を予測する技術
・スーパーコンピューターを20万円で創る
・あなたはコンピュータを理解していますか?
・時間はどこで生まれるのか
・銀河鉄道の夜
・人間失格
・キノの旅(英語版含む)
・魔法先生ネギま!(英語版含む)
・各教科教科書及び参考書
・その他スコアブックなど

 去年、俺はこんな具合にBooksLifeを送った(完読していない本があるにせよ)わけなんだけど、一番印象に残ってるのはひろゆきの2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?。
 この本は色んな本屋で捜してやっと見つけて買った本だった。確か、1年生の時に誕生日プレゼントとして女の子の友達からお菓子と一緒に貰った図書券を使って買ったんだっけ。スゲェ有効に使われたことを教えてあげたい笑 感謝感謝、ありがとう。

 左カラムの簡易自己紹介に西村博之と小飼弾の名前があることからも、この本が俺に与えた影響を強さがわかるでしょう。変人ハッカーと出会ったのはまさにこの本でして、本書なくして今の俺はいないんです。それくらい俺にとっては凄い本だった。

 この本で得た思考回路のパーツ


・まず否定しろ

 本書の冒頭でひろゆきが「Web2.0の意味がわからない」と言う。そこで俺は驚いた。
 「え?!みんな知ってるあのWeb2.0だよ。ほら、ウェブ進化論で言ってたアレじゃん。・・・ってドレだっけ?」
 頭のなかでぽかーんとしちゃったのを覚えてる。ほかにも彼は、俺が"凄いものだ"と思っていたもの、グーグルとかmixiとかセカンドライフとかはてなとかYoutubeとかをズバズバ否定していく。正確には鋭い批評であって、否定だったり批判なんて言葉は合わないんだけど。とりあえず、今まで崇めていたモノを身も蓋もない流れで切り崩されて、なんだか爽快な気分になった。ジャーナリストの佐々木俊尚氏との対談のときは「子供かっ!」とツッコミをいれたくなるほど、否定ばっかしてたなぁ笑

 ここから、「まず否定」という俺の思考のパターンが組まれた。これはなんでもかんでも否定するという意味ではなくて、名前が有名とかモテハヤされているという初期条件のオプションを取っ払って、なんでも始めて見るもののように警戒して見るということ。「あの人が凄いって言ってた」なんてことは忘れて、しっかり自分の意見をもってモノを見るということ。

 「最近のBUMPのギターのサウンドメイクは凄いなぁ」なんて俺が言って、ギターのサウンドの知識に関しては疎い貴方が、自分でそれを追求しないで納得するのは俺が嫌う思考パターン。そんな貴方はメディアや誰かに操作されやすい傾向があるはずなのでご注意を。なんかに"集合知を疑え"なんて書いてあったけどなんだっけな。(この本だった笑)


・日本はダイアルアップ(笑)

 日本の情報通信に関連する法律が「どこの田舎モノが考えたの?」というレベルだということがわかった。いや、お偉いさんは一生懸命なことはわかってるからあんまり攻撃したくないんだけど。
 俺って行政に対しての非難ってなんかできないんだよね。色んな人から「いい国にしろ」なんて、そうすることが絶対であって失敗や怠惰は絶対に許さないみたいな言い方で責め立てられるわけでしょ?「それではそんな貴方はいい国にするためになにか努力してますか?」なんて言われちゃったら閉口するもん俺。だから気楽にやってくださいと思う。まぁそれがお仕事だから仕方ないんだろうけど。「消費税を下げろ」なんて、国のためになんにもしてない俺には言えない笑 そういうことを軽率に言う人たちは他国の消費税の率を知ってるんだろうか。 滅多なことがない限り俺は行政に対しては優しいです。本格的に税金を払うようになったら変わるんだろうか。


・世の中には変な人がいるんだなぁ

 これが一番大きいかな。是非本書の182ページ以降を読んで感じて欲しいです。プログラムとかコンピュータネットワークに精通していない俺みたいな人には読んでもちんぷんかんぷんな箇所もあるけど、大変面白い観点を得られるはず。立ち読みする際はここを重点的に笑

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/130-aa8b64e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。