Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌詞
 俺の音楽論。今回は歌詞について考える機会があったので少しだけ。


 まず、記事を読むにあたって知っておいて欲しいのは「書いている人間は音楽を感情表現のひとつと見ている」ということだ。お喋りや手話やジェスチャーみたいに、自分の気持ちを相手、伝えたい人間だけに聴かせることを音楽と呼ぶ。
 歌詞のない曲や、事実を述べているだけ、意味のない歌詞が含まれいるものは俺は音楽とは呼ばない。一般的に世に出回っていて聴く対象を限定していない音も音楽とは呼べない。それが納得できなくても、俺がそういう考えで書いていることを頭のどこかにおいて欲しい。

 歌詞は、楽曲にこめられた感情を表面化したものだ。逆に、歌詞以外の要素は言葉での感情表現をより立体的にさせる補助効果を持っているものだと言える。言葉に音楽という"感情を感じる要素"を加えることによって、どんな感情表現よりも感情の伝達がリアルになる。これこそ究極の感情表現だと信じている。
 歌詞は非常に大事だ。さっき言ったように楽器のほうは補助でしかない。歌曲を作ったり聴いたりするうえで一番重きをおくべき要素である。
 残念ながら、話題にできるような音楽というのはCD化なりなんなりされていて世に出ているため、作った人間が感情の表現を放棄している音楽しか話にできない。それでも、弱くはなるにしろ、不特定多数の人間に対する感情の表現は俺の音楽と同じだろう。実際、俺はそうは思っていないのだが、そうと仮定して話しを進めることにする。

 最近、機会があって ELLE GARDEN という日本人のバンドグループの楽曲を聴いている。彼らは主に英詞の歌を発表していて、日本語の歌にしても洋楽要素の強い音楽が印象的だった。歌パートのメロディの作り方が英語にハマるようにできている日本語の曲があって不思議な感じを覚えた。
 前から言っているのだが、俺は洋楽をあまり聴かない。なぜなら、直感的に歌詞を認識することができないからだ。さっきも言ったように、歌詞は感情表現の本質となる重要な要素だ。それを馴染みのない(日常的に使わない)言語で歌われても歌曲としての評価ができない。だから、俺は洋楽を聴かない。
 だから、今までエルレを聴いても「掴めない」と切り捨ててきたが、改めて聴くと疑問に感じることが見つかった。

 なぜ彼らは英語の歌詞を歌った音楽を発表するのだろうか。

 俺のような頑固な考えを持たない人だって、歌詞が感情を表すうえで非常に重要なのはわかるだろう。歌手は歌詞でもって聴き手に何かを伝える。その手段が彼らの母国語でないのは変だろう。
 しかし、それは英語を不自然に感じる人間だけが感じるだけであって、英語を感覚的に理解できる人間はそんなことを感じない。彼らが(聴き手になにかを伝えるために音楽を発信しているのなら)伝える手段を日本語ではなく英語にした理由はひとつ、音楽を英語を使う人間に伝えたかったのだ。彼らの英詞の歌は英語を知らない人には向けられていない。そう考えるのが自然だろう。
 本当に彼らがそういう意志のもとで音楽発信をしているのかどうかは不明だが、俺だったらそうする。現に、彼らは英語圏であるアメリカでの活動を積極的に行っている。俺にはどうしても「ELLE GARDENは日本人を無視している」と思えてしまう。

 ここで「じゃぁ他の洋楽だって日本人を無視してるだろ」という反論をがあるだろう。そう考える人がいても無理はない。英語で歌っている以上、日本人を眼中に入れて歌っていないことがわかる。しかし、彼らの母語が英語ならそれは問題ない。彼らは率直な感情を歌にして歌っているだけであって世界レベルでものを見ていないことが殆どだ。しかし、エルレは違う。母語を無視してまで英語の歌に重きをおいているのだ。日本という国を認識しながら、殆どの日本人が感覚的に理解できない言語である英語で歌を発信している。日本の無視以外なんでもないだろう。

 でも、エルレは素人のいいところを沢山詰め込んだ音源を提供してくれる。以前記事で説明したが彼らの音楽は現実空間進入型音楽だ。「MTRで録ったの?」って感じの耳と音の距離が近いミックスが気に入った。俺の好きな音楽アーティストのひとつに入っている。パンニングも極端で大好き。


 俺は英語の歌詞を意味も知らずに歌う人間が嫌いだ。カラオケのディスプレイに表示される片仮名でつけられている英詞の読み仮名で、音声で歌を歌うヤツが大嫌いだ。洋楽が好きなくせに、歌詞を理解していないヤツも嫌い。格好良いから英語で歌うなんてのはもってのほか、音楽の冒涜だ。伝えようという意志が微塵もない。
 なんて、嫌いなものを公表することで得をすることなんてないんだよね。敵を作るだけ。なんだかんだ言って俺は、人を簡単に嫌う人間じゃない。思っても「こんな人にはなりたくないなー」程度。

 でも、エルレは英語で伝えようとしているという意気が伝わってくるからいいなー。
 残念ながら英語を直感理解できない俺にはあんまり伝わっていないけど・・・。

 でも、英語は好きだし、この言語の勉強は「将来日常言語として使えるように」と思いながらやってるから、試験パスのためだけに勉強している人よりは直感理解ができるつもり。だから、ところどろ英詞は伝わる。けど、英語で伝えるのは無理だな。


 ライブだー 歌わなきゃー

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/141-fc47403c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。