Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RADWIMPSの新曲と著作権
 RADWIMPSの新譜、オーダーメイドを買った。
 違法アップロードされた音源を散々聴いたあとで。
 ここ最近、音声著作物をはじめとする著作権の存在する電子情報のアップロードを禁止する法律の立法についての議論がよくされるようになった。国のほうも現実に取り締まる方法を模索しているとか。
 たぶん、Winnyで脚光を浴びるようになったファイル共有技術を使うソフトウェア、そしてケータイ用のアップローダーの普及が、この議論を熱くする原因となったのだろうと思う。
 ファイル共有ソフトはご存じの通り、どこかのだれかさんが所持している著作物を別のどこかのだれかさんと共有することで違反が起こる。ケータイ用のアップローダーというのは、そこそこの容量を持つファイルを任意でアップすることができるもので、アップする人自身が自分の意志で著作物をアップすると違反が起こる。パソコンで利用するアップローダーより大きな容量制限が強いられるため、ケータイ用としてしか普及していないが、ケータイというインフラがパソコンよりも大きいために著作物が広がりやすくなっている。このため、パソコンのアップローダーよりも問題視されている。
 
 「今日から著作物のアップロードもダウンロードも違法にします。違法行為を行った場合、即刻逮捕します」
 なんてことを国から言われたら、今まで違法アップロードを巧みに利用していたみんな大反対するだろう。実際は技術的な問題や、著作権所有者が自らアップロードをしたものを他の人がダウンロードしただけでも違法になるといった面倒な問題があって、実現はなかなか難しいんだけど。
 では、この法律の立法を猛烈に反対する人に言い分を訊いてみると、「不便になる」とか「CD買わなきゃいけないじゃん」みないた言葉しか返ってこないのが現実ではないだろうか。少なくとも俺を含む俺の周りの中高生はそんなかんじ。

 しかし、俺はそういう考えを持つ人がいることに疑問を感じない。だって、本当に便利なんだもん。
 「俺たちが作った曲だぞ。タダで手に入れるなんて許さない」と怒るアーティストの方もいるだろうが、果たしてその考えは現代向きだろうか。
 俺は、著作権が存在する音源を氾濫させることをアーティスト(ほか音楽の作成に携わった人)自身が認めざるを得ない時代になったのだと思う。
 電子情報のコストがかからない複製、国境を越えての配布が可能になってしまった現代では、その電子情報の権利者はその技術普及のほうにに合わせていくしかない、前時代の考えは切り捨てていくべきなのである。

 「曲を聴きたいから買う」ではなく「曲の権利者に利益を与えたいから買う」という"買う"という行動における意志の転換が必要なのではないだろうか。

 別記事にも書いたが、俺がCD(音楽)をお金を支払って買うとき、その音楽の販売価格が評価に見合っているかどうかを考えて購入するようにしている。ということは、買う前に評価できるくらいその音楽を聴くということだ。俺はこの作業で違法ファイルを扱っている。ブランディングに惹かれて買ってしまうこともあるが、それはそれで、"信頼"という価値をアーティストがもっているのだ。
 俺は昨日と今日で、RADWIMPSのオーダーメイドというシングルCDに収録されている、「オーダーメイド」と「グーの音」を違法アップロードした音源をダウンロードして、少なくとも各二十回以上は聴いた。歌詞を覚えてしまうくらい聴きこんだ。そして「これは素晴らしい曲だ」と認識して、ついさっき購入してきた。手元に音源があるのに。
 これから、音楽や小説、絵などといった著作物を販売する側は「興味をひく作品」ではなく「お金を払わないと申し訳ない気持ちにさせる作品」を作るということを考えて著作しなければならない。そう思う。
 つまらない作品は、売れずに残る。残ったものは埋もれて消えてしまう。玉石混交のなかから、玉を見つけやすくなるのではないだろうか。

 問題なのは、ダウンロードの機会が誰しも均等に与えられていないということ。玉石混交の石を排除することによって、石の玉性を見いだすことを第三者の集団によって奪われてしまうこと。
 それを考えると、やはり違法アップロードは規制するべきだよね。でも、いいものは本当に思わせてくれる、「俺はこの作品に対してなにもしなくていいのだろうか?」と。
 そのときの感動といったら、ない。

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
同感
どうも、ikeです。
今までこのブログはコメントこそしなかったものの、読んでいました。

CDの購入について、私もそう思います、というかそういうふうに行動しています。
自分は、大して気に入らなかったが持っていたいと思った音源はレンタル店で当日で借りてコピーするだけ(ファイル交換はあまり好きじゃない)ですが、気に入った、聴いて鳥肌が立った曲は絶対に買います。
借りたCDでロスレス音源を持っていたとしても、購入します。
気に入ったのなら、それ相応の対価を払わなければ失礼だし、何より自分が満足できませんからね。

いつか記事に書こうと思っていたのにネタをとられてしまったのでコメントしてみました(笑)
ではまた……。
2008/01/27(日) 02:22:44 | URL | ike #HxZVZW1M[ 編集]
たぶん
コメント有難う。
たぶん、ブログを介してのコンタクトは初めてだったね。
俺もそちらは拝見しているので、是非相互リンクをお願いしたいな。

コメントでお願いしたって仕方がないから、そのうちメールで申請します笑
2008/01/28(月) 22:14:01 | URL | 凉平 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/145-eab484f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。