Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アップルストア
 学校帰りにアップルストア仙台一番町店でMacについて色々訊いてきた。

 百聞は一見に如かず。実機は凄かった。
 つい最近、Appleの企業本を読んだことがキッカケにMacに興味を持って、Macユーザーの友人に話を聞いたりSteveのプレゼンを見たりしてMacについて研究をしていた。でも、結局買うならなにを選べばいいのかわからなかった。
 ということで、仙台駅前のヨドバシカメラのMacコーナーで実機を触ってみたんだけど、ブースはちゃちいし店員は俺を「ガキがなにしにきたんだよ」って怪訝そうな目で見るしで気分最悪。
 それから数日経って、学校帰りに友人と街のほうへいく用ができたので、少し無理を言ってアップルストアに寄ってもらった。
 噂にきいたとおりのシンプルかつお洒落な内装にうたれながら、店内を散策。予想はしていたが、MacBookAirのほうは流石に置いていないようだった。見たかったなー。
 5分ほど勝手にMacを見て、「Windowsが染み着いた体には合わないなー。ひとりで扱うのは非常に辛い」と操作しながら思った。自力では本質を掴めないことを実感したため、近くにいた30歳くらいの男性の店員を呼んで、「MacBookの購入を考えているんですが、Proとの違いは画面サイズ以外になにかありますか」という質問をした。
 するとその方は"グラフィックのチップの違い"を説明してくれた。これは予習済み。でも、無印のほうはグラフィック描画作業にもメインメモリを喰うことは知らなかった。それでは結構キツいかもしれない。
 店員さんが俺に用途を訊いてきたので、きっぱり「Web関係のプログラムの開発に使おうと思っています」と言った。とりあえず、Macでの開発について世間で言われている"Web関係"というのを混ぜたことで店員に、俺がある程度の知識を持った人間だと知って欲しかった。素人相手は要らない。
 するとその方はすぐに理解してくれたようで、裸のままの専門用語を会話に混ぜて話してくれるようになった。最初のメモリの話しで、俺がチップのメーカー名を言ったこともあると思うけど。
 「Windowsユーザーが興味本位で見に来てるのかも。Windowsにない珍しい機能を紹介しよう」なんて相手をされるのもごめんだったので、MacBookAirの話題からSteveのプレゼンのファンだということを言い、WWDC2007も見たということを話した。俺は、俺がLeopardの機能のおおよそはわかっていることを彼に伝えたかった。
 意志は伝わったようで、機能説明のとき、いちいち「これはご存じですか?」と確認してくれるようになった。「こういうものだと聞いています」という旨を伝えて、無駄な説明は省いてその実際の動作を見せてもらえた。とても楽しかった。ウチのWindowsと違って、なんとも操作のひとつひとつがコミカルだ。そして、少し説明されればWindowsなんかよりも数倍操作性が富んでいるシロモノだ。エクスプローラはやられた。自分が見ているフォルダの位置がとても視覚的に分かりやすかった。Spacesも使い易そう・・・。

 やっぱり話が通じる人とする会話ってのは違うなと思った。もっと本格的にパソコンで遊んでるヤツ、近くにいないかなー。ゲームの応用としてパソコンに詳しいヤツばっかなんだよな。ニコニコがどうとかエミュレータがどうとか、PSPがどうだとか。遊んでばっか。コンピュータはもっと楽しいのに。

 そんなこんなでそこの店員さん(名刺を頂いて、その店の店長さんだったことがわかったのだが)と仲良くなることができた。なにか訊きたいことがあったら遠慮しないでくれってさ。

 結局、買うならMacBookProかな・・・。iMacも勧められたんだけど、外に持ち出せないのはなー。悩む。もっと性能のいいAirを出してくれSteve笑

 有線LANが使えないのは痛い。「LAN変換してUSBで接続できますよ」なんて言われてもUSBポートが1つじゃ話しにならない。店長さん曰く、Airのほうは完全にサブなんだって。iPhoneみたいなあの操作性、すごく惹かれたんだけどなー。残念。


 俺のMac研究は続く・・・。

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/147-74b31ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。