Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧友
 久しぶりに中学時代の友人に会った。


 高校にあがってから悪い方向に走ったそいつは、俺に倣ったのかなんなのか知らないけど、立派なハッカーになっていた。PSPをはじめとするゲームハードのOSをいじったりする、俺から言わせれば"勿体ないハッカー"に。
 中学時代は俺に色々訊いたりしてたくせに、今では俺どころかそこら辺のパソコンオタクなんかよりキれる技術者になっていた。学校でそういう人間が多いんだとか。
 前、PSP系のソフト(確かPC側でメディアの変換と転送をするヤツ)のデバッグを頼まれた(そのアプリケーションはそいつの仲間が組んだ)んだけど、正直GUIでなにかを組んだことがないし、人が書いたコードを見てバグを見つけるなんてこともしたこともない(コメントが凄い簡潔でわけわからなかったし)。完成した簡単なコードを理解することはできるんだけど、ルーチンが沢山あると理解さえ難になる。俺は未だ、趣味プログラマにもなれていない。今なろうと思わない。もちろん断った。

 なんていうか。言っちゃ悪いんだけど、この年代でそっちの知識に富んでいる人って(俺の知っている限りでは)、化学とか古典みたいな"勉強のための勉強"の科目はぜんぜん勉強してない人が多い。
 「自分の好きなことしかやらない」というのは悪いことではないが、"好きなこと"をはじめから限定してしまって、新しい"好きなこと"を見つけだそうとしないのはどうかと思う。たぶん、今もっともポピュラーなコンピュータはゲームハードなんだろうと思う。それに準ずる技術を持つのはいいとしても、若いうちにそこだけに限定するのはいささか勿体ないような気がする。

 なんて言いつつ、メーカが出す制限されたスペックのマシン(PS2とかPSPとかWiiとかDSみたいなゲームハード)の拡張しかしない人間が、自分で動作スペックを選べるマシンのソフトを組もうとしたら凄いことになるんじゃないかとも思ってる。
 ファミコンでWindowsとかMacintoshみたいなGUIのOSを動かせる人間が、その何万倍ものスペックを持つコンピュータのプログラムを組んだらきっと凄いだろうねってハナシ。

 今はWiiとかipodでLinuxを動かせる時代、近い将来"ゲーム専用ハード"なんて言葉はなくなるかもね。
 

 そいつはと俺はお互いを刺激しあえる貴重な存在であるのは確か。

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/180-d11fa839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。