Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジタルオーディオプレーヤー -大容量は曲数ではなく音質に拘る人が重宝する-
 "デジタルオーディオプレーヤー"って名称が全然浸透していないのがなんかフクザツ。検索かけてもこの語を使う個人が少なすぎて情報が集まらない><

 先日、米国で第3位のシェアを誇る Creative Technology の Zen(8GB)を購入した。
 Apple万歳野郎でも、あのクイックホイールの操作性には疑問を感じる。重ねてtouchはサイズ的に邪魔、無駄に派手、Windowsユーザーには明らかに宝の持ち腐れ。そもそも、AppleはITマシンを創るノウハウはあっても、オーディオ機器を造るノウハウはない。
 ならサウンドボード造ってるクリエイティブさんのほうがいいだろという事で、好評なZenを購入。
 しかし、iPodと比べて大した音質の差はない。当たり前だけど。要はアウトプットなのだから(あとは意外にもエンコーダ)。操作性とかに殆ど文句はない。UIはアドエスが優秀すぎただけで、この値段でこれだとかなりの得をしたことになる。

 しかし。
 8GBじゃ足りない。ぜんっぜん。

 HDDタイプは故障が恐かったから考えもしなかったんだけど、やっぱりFMは容量が少ない。最近になって耳が肥えてしまった俺は、MP3は最低でも192kbsは欲しい。192以上になると聴き分け困難だけど、それ以下は聴いてて気になる。 「ロスレスじゃないとダメ!」って人の耳を疑うよ・・・。
 PCMとmp3の320kbpsの区別は"人間には無理"って感じた。まぁ安物イヤホンでのアウトプットですが、携帯オーディオにそこまで求めるか?と。


 俺が思う音質を決める要素の重要度。
 音源>アウトプット>プレーヤー>エンコーダー>ビットレート <欄外>イコライザ


 じゃぁiPodClassic160GBを買うかというとそれはない。
 なぜなら。
 Macを知らない俺にはiPodを使う資格がないから。

 買うときはiMacと一緒だぜ!!


スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/218-81767ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。