Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メーデーと花の名
 今回は、今日発売のBUMP OF CHICKENのシングルCD「メーデー」と「花の名」の感想を書く。

 花の名は俺が関東関西に学校の研修旅行で出発する前日にラジオ解禁となったため、宮城に帰ってきて真っ先にこの曲を聴いた。
 印象としては、歌詞が丁寧で、今までにない趣向であるストリングスの使用が新鮮だということ、それと、なんと言っても藤原の歌詞には圧倒的な重さを感じるということだ。友人が「俺が書いた」と言って見せてきた歌詞がこれでもこのような重圧は感じないであろう。この感じ方は、初めてBUMP OF CHICKENとライブという同じ時間を共有したときに涙した俺特有のものだろう。歌詞に共感しつつも、「ここで"花"はそこまで重要な意味を担っていないのではないだろうか」という疑問を抱いた。未だに花を人に喩えることの本質を理解できない。俺ならこの曲に「花の名」なんて題名をつけないだろう。そこは作曲者の胸に訊かなければわからないということは、俺がとてもよくわかっている。感情表現である音楽は、すべてを伝えることはできない。聴き手はすべてを理解することはできない。それが音楽である。
 国語の授業でやる詩歌の分析のような、"この曲は~を歌ったもので~"なんて細かい歌詞の分析はしない。是非耳で聴いてほしい。

 「メーデー」はまったくの経験なしに聴いた曲である。印象としては、花の名のアコースティックサウンドに対するかのような爽快なエレクトリックサウンドであるということ(チャットモンチーのテレキャスターによるバッキングの爽快さにはかなわないが)、これも新たな試み、サウンドメイクにトレモロのエフェクターを導入したということ、たぶん増川のNewストラトがレコーディングの際に使われただろうということ。
 聴いたときにこれらのことがよぎった。
 これも花の名同様、バンプらしい曲だと感じた。いつもよりドラムが忙しくなっている感じがあるが、曲の構成、歌詞はバンプ特有とまではいかなくとも、従来のバンプのものが残っているなという感想だ。
 一番気になったのは、やはりサウンドメイクのこと。バンプの曲にトレモロが使われたのは恐らく初めてだろう。加えて、今回は藤原愛用のレスポールスペシャルや、増川使用のレスポールスタンダードなどといったハムバッキングのピックアップを搭載したギターの他に、ストラトキャスターやテレキャスターのようなシングルコイルを積んだギターが間違いなく使われている。増川が新しく所持したストラトキャスターが使われたことをなんとなく期待する 笑 頑張れ増川!! 「バンプはアンプ直でいってほしい」と思っていた俺だが、この感じもバンドのサウンドを際だたせる。お気に入りの曲となった。疾走感とお馴染みの藤原の歌詞がたまらない。是非聴いてみてほしい。

 ガラスのブルース(28 year round)は、今回のCD購入で一番期待していた曲だった。何を隠そう、俺はFLAME BAINに収録されているガラスのブルースが大好きで、聴いていると自分でもわけがわからないが涙を流すこともある。そこまで好きな曲であるガラスのブルースの別バージョン、しかも正規音源(ライブ音源に対する)が収録されるとなると、CDを買わないわけにはいかないだろう。
 聴いた感想としては、BUMP OF CHICKENの成長を感じる曲だというもの。
 これは、愛知万博にて行われたアコースティックライブで披露されたアコースティックバージョンのガラスのブルースと酷似しているため、アコースティックバージョンを元に再構成してレコーディング、ミックスしたものだろう。とにかく、聴いて感じて欲しい。もとのガラスのブルースが好きなら、これを気に入らないはずはない。
 やはり高価なアコギは鳴りが全然違う。このガラスのブルースも俺の涙を誘う。
 ひとつ残念だったのが、ライブアレンジが正規音源となってしまったことだ。ライブでしか聴けなかった非公式のメロディが公式化してしまったことはなんとなく寂しさを感じる

 とにもかくにも、今回のシングル2枚同時販売は、始まる前は心配だったが、蓋を開けてみるとこれにしか存在しないよさを感じることになった。

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/48-3ea108c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。