Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SonyがやっとATRACを捨てた
 ちょっと古いんですが、Sonyが8月30日にビデオ対応ウォークマンを米市場で9月から「NWZ-A810」シリーズと「NWZ-S610」シリーズの2機種を発売すると発表したらしいです。これに加えて、Sonyの音声圧縮・伸張方式、ATRAC形式による「CONNECT Music Services」を2008年3月以降に終了する予定だそうです。
 Sonyはご存知、高音質で音楽を聴くことができるウォークマンを出しています。ブランディングに多少負けてipodのほうが普及していますが、音質を求めるユーザーにとってはipodよりもSony製品です。

 以前、友人にPSPのメモリースティックに音声ファイルを入れる作業をやってくれと頼まれて、PSPでの音声ファイルの再生を体験したのですが、音質がipodに比べ非常によくて感動しました。俺はipodは持っていないんだけど、親父が希少価値の高い第一世代のipod nanoを持っているので借りていた時期があった。それと比べると、ipodが薄っぺらいのに対して、PSPはジューシーなんです。
 以前、ipodとPSPどっちを買うべきかだいぶ悩んだけど、やっぱりPSPはいらないな笑 俺ゲームせぇへんし(注・宮城県出身です)。

 で、題名にもなっているATRACだけど、「ATRACってなによ?」って方のために説明します。
 ATRACを聴いたことがない方でも、MP3なら聴いたことがあると思います。MP3、MPEG audio layer 3とは、wmaやwaveなどといった音声ファイルの種類を表すと同時に、音声圧縮技術を指します。CDに入っている音声ファイルを圧縮する規格のことです。
 これとおんなじ。大きく違うのは、MPEGというISO(国際標準化機構)とIEC(国際電気標準会議)が設立した組織で認定されている、世界標準の圧縮方式であるMP3に対して、ATRACはSonyという企業が独自に開発したものということです。
 もともと、MD用のフォーマットとして使われていました。Sonyは今まで、この独自の圧縮形式に拘ってきたんですが、MP3の普及もあって、世間にまったく浸透しませんでした。効率のいい圧縮形式(ATRAC3PlusはCD同等音質で約20分の1まで圧縮)ではあるんですけど、Sony製品しか対応していなかったのはちょっと辛かったですね。
 登場当時は「これは凄い」と単純に感心してたんですが・・・。ipodの影響は大きいですね。
 今回、ATRACを捨てたことは、大きなことではないと思いますけど、Sonyもやっと諦めたんだなということを感じました。お疲れ様です。

 本当ならこの製品についても色々書くべきなんでしょうが、現在俺は音楽を聴いている暇はありませんで(><; あまり興味を持っていないので書きません。金貯めてアコースティックギターでも買おうかと考えているのですが、出費制限のための言い訳だと思われます笑
 先月は本買うのにいっぱいお金使っちゃったから今月は自重するぞ(`・ω・´)

 関連記事をリンクしておきます。ITmediaより「ソニー、CONNECT MusicとATRACを切り捨てたウォークマンを米市場で投入」
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/31/news027.html

スポンサーサイト

Theme:MP3プレーヤー - Genre:コンピュータ

ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/6-c4b25d0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。