Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特に話題もないけど、強いて言うなら明日は英検の面接
 最近滅法記事を書くことが少なくなっているので、特に何も考えないで書いていきます。


 今日は学校で全統模試を解きました。前回と違ってなかなかの手応え、しかし、試験開始の2時間前に学校で勉強するために、慣れない早起きをしたので英語の時間でダウン。古典でも同じことがいえるのですが、ボキャ貧を改善しないと元も子もないようです。文の成り立ちから単語の意味を推測することはできるのですが、熟語や意味の深い単語などの理解をその方法でクリアすることはなかなか難しいです。今回の模試には出てくれなかったのですが、"next to..."という明らかに「次の」とか「次に」のような「前があっての次」を連想させる熟語があるのですが、実際は「殆ど~」という予想を越える意味を持っています。まったくもって紛らわしくてメーワクな決まりですが、逆に言えばこのような意味の想像がつかないような単語や熟語をマスターしてしまえばこちらの勝ちです。


 学問は言語のような、コミュニケーションのひとつだと俺は思っているのですが、英語などといった国語以外の言語の学習は直接コミュニケーションの手段を学ぶことなので、他の学問よりはわりかし実用性があるように思えます。突然英語圏で生活しなくてはならなくなった際には重要なツールとなります。そう考えれば、英語学習の必要性を感じて、それに対する意欲が湧くのではないでしょうか。
 "それはない"と否定する方は、光は粒子か波かを議論しなくてはならなくなる可能性や、枕草子の作者の生い立ちについて説明しなくてはならなくなる可能性、重要性と、先述の英語圏で生活しなければなくなる可能性と重要性を比べてみてください。これは喩えですが、日本で生活する上で物理より古典より化学より数学より重要なのは日本語ではないでしょうか。これと同じことです。

 しかしながら、俺は物理も化学も数学も、もちろん英語もなくてならない世界への進出を考えているのですが ^^; こんな、日本語だけあれば生きていける高校生なんて世界は平凡すぎて反吐が出ます。この世界からの脱出を遂げるために、俺はこの世界でしかできない勉強や合唱や人間関係構築などを毎日を大切にしながら進めていこうと思っています。人生の中で普遍的に存在する休日という時間は、高校生が過ごすには些か無駄な気もしますが、何にも縛られない時間の中での生活の仕方を学ぶにはとてもいい機会だと考えます。うまく休日を利用できてるかどうかは別にして・・・^^;


 コンピュータやギターという趣味を制限して、勉強時間を上げようともくろむ休日の過ごし方がイマイチわからない、つまらない高校生の独り言でした。

 面白くなるのは今ではなく、もっと先。

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/62-2e7f0b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。