Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上手に歌を歌うコツ
 別に、俺が歌うの上手いからお前らに教えてやるということではないんですけど、"歌"っていうのは適当に声出してれば良いというものじゃないんです。
 俺が自分で「歌を上手く歌えるようになりたい」と、研究に研究を重ねて見つけた歌の歌い方を書いてみたいと思います。"歌が上手くなる"というよりは"前と比較すると上手くなれるかな"という曖昧なラインのものです。
 俺の勝手な研究の成果であって、理論的に正しい方法なのかは全くわかりません^^; 理論的(実証された理論のうえでの"上手い歌")に上手くなりたい方は、ヴォーカル術とか声楽とかの本を買い求めたほうがいいと思います。

 まず、大事なことをいうと

 自分の歌を、どのアーティストの曲よりも聴け

〈思いこみをなくす〉
 よく知られていることですが、自分が発声した音を聴くのと、外部から伝わってくる音を聴くのとは、ルートが異なっているので違った聞こえ方がします。前者は骨を伝わってくる振動と空気の振動で音を感知するのですが、後者は空気振動でしか音を感知しません。ビデオかなにかに自分の声がのってしまったとき、それを聴くと非常に違和感を覚えるのはそのためです。これと同じように、歌も自分で聞こえているものと、誰かが聴いているものは全然違うということを知っておいた方がいいです。
 「俺は歌が上手い」なんて勝手に思っていても、自分で聞こえるとおりに外部の空気振動センサーが感知するということはないので、極端な話ですが、まず、"自分が歌っているとき聞こえる歌は他の人には聞こえていない"と考えるべきです。
 そして、歌を上手く歌うためには、他の人から聞こえる自分の歌をよく聴かないといけません。そして、落胆してください。「俺の歌はこんな風に聞こえているのか」と笑


〈前提〉
 俺が今から紹介する方法の前提としてあるのが、"自分の歌を録音再生できる環境"です。できれば質の高い録音機器が欲しいです。MTRとマイクがあればなんにも文句はないですが、どちらも気軽に買えるようなものではないので、ケータイとかラジカセの録音機能で構いません。
 俺もMTRとマイクを手に入れるまではケータイの録音機能や、ラジカセのマイクを繋ぐところにイヤホンを挿してイヤホンをマイク代わりにして録音していたのですが、どうしても、本当(面倒なので精密な定義付けはしない)の音を残すことはできないんです。試しにテレビや家族の声などを、ケータイやラジカセで録音、再生してみてください。なんとなく、普通に聞こえるカンジと違うことがわかるでしょう。
 しかし、基本的な分析は可能なのでそれでも充分です。本当に上達したいと思うならちょっと頑張って用意してみてください。きちんとした録音環境があれば、歌のみならず様々な音楽技術の向上に役立ちます。ギターやベース、トランペットにドラム、自分のプレイを客観的に分析することができます。音楽を本気でやっていく人間にとって、きちんとした録音環境は技術向上の大きな武器となります。


〈とりあえず、落胆しなければならない〉
 なんにも考えないでいつも通りに歌ったものを聴くことは非常に大事です。まずこれをしないと話になりません。そして、自分の歌の下手さに落胆してください。中学生の頃に、ケータイで録音した自分の歌を聴いて死にたくなったことを覚えています笑 みんな俺は歌が上手いと言ってくれたので期待していたのですが、酷いったらありゃしなかった。
 そこで、自分が納得するような歌を歌うべく、この研究が始まったのです。
 失敗は成功の素なんていいますが、失敗するだけではなんにも変わりません。自分の恥ずかしい失敗を、真髄まで見つめることが成功に繋がるのです。成功したかどうかはわからんけど^^;


〈分析する〉
 研究職に憧れる俺にとって、とてもやりがいのある作業が分析です。俺が考えるに、歌を分析する上で大切な基本のポイントは

・音程
・息の使い方
・言葉
・気持ち
 これらだと考えます。ひとつひとつ分析していきます。

・音程
 歌の上手い下手を決める最も簡単な方法が音程の分析です。音程が合っていないと、下手な歌に聞こえます。
 自分の歌を聴いてまず思ったのが、「思ったより音をハズしている」ということでした。ハッキリ言わせてもらうと、音程は意識しないと合いません。自分で描いた曲でさえ、気を抜いて歌うと音程がズレてしまうのが普通です。頭の中に鳴らすべき音を正確にイメージし、一発で出さないといけない。そういう緊張感を持たないとダメです。一発で出すということは、"まっすぐ当てる"というとわかりやすいかと思うのですが、鳴らすべき音を出すまでに寄り道をしてはいけないということです。レの音を出すときに ド→レ としないというと直感で分かるでしょうか。まっすぐ音を狙い、当てるのです。ド→レのように音程をボカす歌い方もありますが、まずは1音1音をハッキリ出しましょう。
 高い音が出せないとか低い音が出せないという、"音程がでない"という音域の問題は、音域を上に伸ばす方法しか知らないのですが、腹筋を鍛えて、お腹で歌ってみてください。お腹で声を出せば高い音が出るようになります。腹筋に力を入れて歌うとあら不思議、キツかった音が出るようになります。腹筋を鍛えるときに注意することがあるのですが、上体起こしを何度もやるような激しいものはお勧めしません。歌うときに必要な腹筋は"維持する力"が要となります。仰向けに寝転がり上体を起こして戻すとき、床を背中につけないで静止、しばらく頑張ってゆっくり背中を床に降ろします。また、上体ではなく太股から爪先を起こして静止させるのもいいです。両者で違う部位の筋肉を鍛えることになるので、満遍なくやると良いと思います。鍛えている最中に声を出すのも良いでしょう。

・息の使い方
 伸ばすべき音を充分に伸ばさないと、歌が下手に聞こえてしまいます。何拍伸ばすのか意識しながら音を伸ばしてみてください。やってみると、息が苦しくなる場合があると思いますが、それは息継ぎと呼吸法に問題があると思われます。
 息継ぎですが、やたらめったら息を吸うと、音を伸ばすどころか切れてしまう箇所が出てきてしまうので、さり気なく自然にできる箇所を見つけておきます。最小限にとは言いません、息を吸えるタイミングが在れば積極的にブレスしましょう。
 息継ぎの際、普通に「ハァぁぁぁ」と空気を吸い込むのはあまり効率のいいブレスではありません。腹式呼吸を使いましょう。
 吹奏楽部時代に始めに教えられたのが、腹式呼吸でした。これを使うと、ほんの僅かな所用時間で沢山の空気を体内に蓄えることができます。空気を肺ではなくお腹に貯める(腹部のどこに空気が入っていくのかは知らない^^;)方法で、人間は寝転がっているときに、この呼吸法で息をしています。寝転がって息をして感覚を掴んでください。そのときお腹に手を当てて、息をする度にお腹が膨らんだり縮んだりすることを感じてください。お腹を膨らませる感覚で息をすると、うまくいきます。息を吸ったときに肩が上に上がってしまうとそれは胸式呼吸です。吸ったときにお腹を膨らませましょう。
 もうひとつ、これは俺が個人的に使うテクニックなのですが、息で余韻を作るとそれらしく聞こえたりします。「アァァァァァ」と伸ばすときの後半の"ァァァ"に、掠れた息を付加してやり、徐々にマイクを口から離してやると大人っぽいビブラートが掛かります。これは慣れたらやってみてください。やたらめったら使うと諄いので程々に笑

・言葉
 これは歌詞付きの歌で気をつけなければいけない最重要事項です。以前から言っているとおり、歌は感情表現です。言っている言葉がなんなのか理解できないと話している意味がないのと同じように、歌っている歌詞が聞き取れない歌に価値はありません。言葉をハッキリいいましょう。
 と、ここで俺の失敗談をお話しします。言葉をハッキリさせるために口をバカみたいに大きく開けて歌うと、今度は空気が逃げやすくなり、口を開けることに固執しすぎて閉めることに重点を置かなかったので、母音ばかりが強くなって逆にハッキリしなくなってしまいました。
 口は大きく開けてはいけません。小さい口で、口のフォームのひとつひとつを丁寧に決めるとハッキリ綺麗な音が出せます。丁寧にやりすぎると、次はリズムについていけなくなるので、頑張って慣れましょう。意識は子音の発音においてください。
 子音がつかない発音や、ゆっくりめなメロディーを歌うときは口を大きく開けても問題ありませんが、過剰にやりすぎると見栄えもよくありません。
 あと、英語などの外国語の歌詞を歌うときはその意味をしっかり理解し、正しい発音で歌うことをお勧めします。"英語はカッコいい"という安い感情で適当に歌うことは個人的に許せません。英詞はきちんと理解してから歌いましょう。

・気持ち
 感情表現である歌に気持ちを込めるのは当たり前ですが、カラオケで感情を込めてもあまり意味がありません。そこは見極めましょう。感情を入れると上手くなるかというと、そうではないのが現実です。感情が過剰に入ると、気をつけなければならない点を意識して歌うことが難しくなります。カラオケなどの音楽を楽しむ場では感情移入は抑えましょう。意識しないでも上手く歌えるようになったら感情を入れてみるといいです。
 前回の俺のレコーディングでは感情を入れることは避けられなかったので、歌い方は妥協しました。その場にあった歌い方を。


〈最後に〉
 他にも歌声のキャラクターなどといった、知っておくと便利なこともあるのですが、基本的なことを押さえれば歌はいくらでも上達します。
 歌い方を変えないことには、歌の上手い下手も変わりません。一度「歌い方変えた?」と訊かれたことがあります。そのときは、自分の歌をしっかり聴いてくれている人がいるんだなぁと嬉しくなりました。全然気づかない人もいますが笑
 難しいことを考えなくても歌は楽しいので、気にしなくてもいいんですが、上手く歌えるともっと楽しいです^^
 最後に大事なことをひとつ、
歌が上手くなる一番大切なことは、自分の歌を好きになるということです。
 自分の歌に自信を持って歌うと、伝えたい複雑な思いも、きっと伝わると思います。

 こんな感じで雑記。俺は自分では歌が上手いとは思わないけど、俺の歌は好き。



 あの俺の歌は伝わったのかな・・・

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/66-74e0ac11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。