Lost-Life





コンピュータ依存の高校生のひとりごと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽やってるヤツは、ニコニコ動画見て落胆するべき
 「ニコニコ動画"こそWeb2.0だろう」と豪語してきた俺ですが、今回はその一例を紹介しようと思います。

 ニコニコ動画やYoutubeを知らないミュージシャンは、大きな損をしている。これホント。

 「そもそもニコニコ動画ってなんぞや?」という人のために簡単に説明しますと、会員登録制の動画共有サイトです。独自のプレーヤーをブラウザによって展開、投稿した動画(動画自体はニコニコ動画にアップするのではないが)を)Flv形式で再生します。似たようなものにYoutubeというものがありますが、ニコニコ動画はYoutubeよりもファイルサイズの大きいものが扱えたり、動画のアップロードの方法が自由だったりするので、最近はニコニコ動画のほうが人気のようです。(今後Youtubeはファイルサイズの制限を緩くし、既存の動画の画質アップをするようですが)
 そして最大の武器と言われているのが、動画にコメントを書き込めるというシステム。あたかも、大勢で動画を見ているような環境を作り出すコメント表示機能が大人気のようです。2chの実況板となんとなく似ているような気がします。
 そして、俺が思うところの人気の一番の要素は"日本人が多い"ということです。Youtubeは全世界ネットで展開しているサービスなので、細かく動画の検索をするとなると外国語で検索しなければならなかったりするのですが、ニコニコ動画は日本のサービスなので、投稿者も視聴者もサポートもみんな日本人、迷子になっても道を訊いたり地図を調べたりすれば目的地にたどり着けるのです。これが日本人における、Youtubeとニコニコ動画の大きな違いです。

 さて、最近、Youtubeやニコニコ動画がもてはやされているのは何故でしょうか。色んな人が一斉に動画を投稿したり見たりすることが好きになったのでしょうか。俺は、ニコニコ動画やYoutubeは従来のレッドゾーンをグレーゾーンに下げたからではないかと考えます。
 ファイル共有ソフトというものがあります。有名なアレです。自分のパソコンのデータを他のパソコンと共有するアレです。当初は新しい通信手段として大変注目された技術だったのですが、著作権の存在するデータも共有の対象となるため、著作権侵害の温床と呼ばれ規制されたソフトが多々あります。そのソフトの使用によって著作権侵害を犯したとして逮捕された人もいます。著作権侵害の幇助をしたとして、ソフトの開発者も逮捕されましたが、このことはニュースにもなったので知ってる人は多いのではないでしょうか。
 ファイル共有ソフトはレッドゾーンです。しかし、ニコニコ動画やYoutubeは何故かグレーゾーン、これが動画共有サイト流行の大きな要素ではないでしょうか。

 "著作権コンテンツには人が集まる"
 これは、巨大電子掲示板2chの管理人で、ニコニコ動画を立ち上げた本人でもある西村博之が著書「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか」で言っている言葉です。
 ニコニコ動画は、アニメが見れたり、ドラマが見れたり、映画が見れたり、テレビ番組が見れたり、ライブ動画が見れたり、音楽が聴けたり、ゲームのプレイ動画が見れたり、著作権があるものを加工して創り出した新しいものが見れたり・・・、とにかく著作権侵害だらけなんです。それを、その動画の再生ページで動画に関連する商品の宣伝をすることによって(もちろん宣伝される側は容認していない)、グレーゾーンにもっていっているのがニコニコ動画です。本来は著作権侵害で訴えられても仕方のないサービスなんです。

 しかし、著作権法というものは、侵害された側が訴えを出さなければ罪が成立しないもので、著作権侵害をひとつひとつ訴えていったところでどれだけの時間やお金が掛かるかわからないし、それによってされる措置は"著作権侵害コンテンツの削除"だけという、金にもならないしイメージダウンを誘う行為であるため、侵害された側は訴えを出さないのが普通なんです。それでも、やはり著作権侵害の温床となると国が黙ってはいません。法の改正による規制や秩序を乱しているということで目を付けられれば、サービス停止もあり得ます。今、その辺の議論が上のほうでされているようですが、どうなるんでしょうね。

 このような著作権問題に関する話題など、ニコニコ動画はコンテンツやシステム以外にも面白い点が沢山あるのですが、俺が最も興味深いと思っているのがニコニコ動画にはモバゲータウン的要素があるということです。
 二つのサービスに共通しているのは、それぞれが独自の文化を形成し、その閉じた文化は会員制度によって閉じられた世界に入らなくてはならないということです。モバゲータウンが生活の場になり得るコミュニティであるのに対して、ニコニコ動画は動画の投稿と観覧という限られた手段による文化圏であるため、独自世界の孤立は厳しくないけど、やっぱり、利用したことのない人がすぐに理解できる文化ではないようです。ニコニコ動画の文化は2chのそれと同系列だと思われますが、文化の形成の仕方が動画に対するコメントと動画投稿という複雑窮まりないもののために、大きく違ったものに仕上がっています。


 あれ?・・・俺が今回言いたかったのはニコニコで音楽の幅を広げることだったのに、ニコニコ動画自体の説明に熱くなってしまった^^;
 ということで、それについては次回やりますNE

 最後にひとつ

 ニコニコが面白い理由は、コメントでもアニメでも初音ミクでもMADでもなく、"演奏してみた"と"歌ってみた"の2つのタグ。
 それがミュージシャン向けの答え。

 他も面白いのも確かなんだけど 笑

スポンサーサイト
ComMent
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
SeCret: 管理者にだけ表示を許可
 
Track Back
この記事のトラックバックURL
http://lostonlife.blog118.fc2.com/tb.php/69-429515e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。